※融合、連携する新領域には、必ず“自社の強み”が必要になります。詳細は下記をご覧ください。