:資料リンク … :開催案内 :出展企業 詳細 :開催報告 :アンケート結果 :資料館に戻る
不況の今こそ新たなビジネスチャンスを見つけたい企業大集合!
大阪府商工会館7階第一講堂にはお申し込みをしていただいた参加者が71名と各テーブルにはコーディネーター、アシスタントがそれぞれ1名ずつ着席し、オブザーバー参加もあって会場には109名が大集合。 毎回のことながら大勢の方々にお集まりいただきました。
運営スタッフの方々もどうもありがとうございます。
いよいよ午後1時スタート!
当促進協秋山会長のご挨拶があり、世界的な不況のなかでも悲観的にならず新しいビジネスチャンスをつかんでいただきたいとの話がありました。 
その後プレゼンテーションがAテーブルから順に始まります。
(Aテーブル・サイエンティフィックテクノロジーズ求j
【事業概要】  「自動変速リニア駆動機構」と応用商品の開発・OEM販売
(Bテーブル・・潟sコ・エイダ)
【事業概要】  業務用厨房、節水・省エネルギー機器製造・販売。主力商品「ECOスマイル・ジョイビット」業務用厨房。食器洗浄機前洗い用節水・省エネルギー型給水装置、「ECOプロデユーサー・ジョイネックス」主として飲食店舗用。水道・ガス・電気の可視化による情報収集使用量監視、管理システム。
(Cテーブル・泣潤[ルドロック)
【事業概要】  JISB1056規格の弛み止めナットを製造、最新型弛み止め、くさびナットの製造販売を行なう。
(Dテーブル・滑ロ十)
【事業概要】  高速道料金機器(ETC車両検知機、通行券発行機)、鉄道車両用内装部材、医療機器、マテハン&物流機器、船舶用通信機器、建設機械部材等を製作しています。
(Eテーブル・エヌ・ケイ・ケイ梶j
【事業概要】  エアゾール缶(スプレー用)の製造及び充填業を行っており、主としてカークーラー用冷媒缶、アウトドア用燃料缶、ホコリ飛ばし用ダストブロワー缶その他工業用エアゾール製品を中心に生産している。 当事業の概要は前記のダストブロワーにおいて世界で初めてノンフロンによる製品の開発に成功し、既に19年度地球温暖化防止環境大臣表彰・20年オゾン層保護地球温暖化防止大賞優秀賞を取得した。 地球温暖化防止という観点からでも当該製品の拡販を推進中
(Fテーブル・和田哲梶j
【事業概要】  1907年創業から21世紀の現代まで、和田哲は常に寝具・寝装業界に新しい視点でデザイン企画、商品企画を提案してまいりました。
(Gテーブル・叶X製作所)
【事業概要】  ・「先代から受け継いだ紡織機部品の製造販売 ・用途に合わせた3種類のオリジナル洗浄剤 ・パーツや機械に洗浄・塗布・乾燥させるだけで、汚れ防止や耐摩耗の付加価値を与える特殊機能性樹脂の製造販売および委託加工 ・主に木材端材を利用して、汚れ防止機能やホワイトボード機能などを付加させたクラフトグッズやアイデアグッズなどの製造販売。
(Hテーブル・潟pアグ)
【事業概要】  ・自社開発商品(特許商品)製造、販売・家庭用保温器具開発・製造・販売・ヒーター一体型天井照明製造・販売・熱中症対策「クールダウンベスト」製造・販売  
休憩をはさんでグループ別マッチングの時間へ。
ここからの90分間は各テーブルのコーディネーター(中小企業診断士)とアシスタントの方々に進行をお願いする場です。
グループ別マッチング終了後、
(独)中小企業基盤整備機構近畿支部と(財)神戸市産業振興財団から支援事業の説明をしていただきました。
支援事業の説明終了後、名刺交換商談会を兼ねた個別マッチングの時間です。
ご着席いただいているテーブルから離れてご自由に他の方々ともお名刺交換が可能です。お相手が見つからない場合でもコーディネーター・アシスタントがお手伝いをいたしますので、ひとりでも多くの方と名刺交換・情報交換をしていただきたいと思います。
最後になりましたがプレゼンテーション大賞の表彰式です。
これはプレゼンテーションが優れていた方にお送りしています。
今回は滑ロ中・松尾社長様と和田哲梶E夏目顧問に決定しました。 
講評をお願いした促進協議会小川参与からは、滑ロ十様は、釜から事業をスタートし精密板金を駆使した製品を開発されるまでに成長され、高速道料金機器(ETC車両検知機)などを製作、オンリーワン的な存在になられている点、また自社内3Sを社員に徹底して教育しておられる点が良かったとコメントをいただきました。
また和田哲蒲lはプレゼン資料やパワーポイントの内容も過不足なく用意されており参加目的が明確だった点、また現物を持参していただいたので非常に分かり易かった点が良かったとコメントをいただきました。 
通常12時30分に受付を開始しますが、今回は参加者名簿を早めに配布したので12時に開場。何名かの方は会場へ来て準備をしておられました。混雑していないときにゆっくりとお名刺交換をしていただくのもよいのではないでしょうか。また促進協スタッフも来ていますのでぜひ、参加者の方々とお会いしたいと願っています。
午後1時に開会し5時で閉会。半日をかけたイベントが無事終了しスタッフ一同胸をなでおろしながら後片付けをして会場をあとにしました。
年明けから募集を開始した第28回事業化交流マッチングですが、開会の秋山会長挨拶にもあったように不況の風が吹く折、どれだけの方々がご参加されるのか事務局は心配していましたが、【FAXお申し込み】と【WEBお申込み】を併用して募集をかけたところ、締切り日近くになりぐんぐんと人が集まりはじめ、結果開催できるに足る十分な人数(75人)のお申し込みを頂戴しました。直前のキャンセルも4人ということで、参加者各位のマッチングへの強い熱意を感じることができましたこと、非常に嬉しく思います。また会員各位においても、最後まで参加呼びかけをしていただき誠にありがとうございました。
最後になりましたが、ご来場いただきました皆様、そして多方面でご協力をしてくださいました方々、お陰さまで盛会のうちに終えることができましたことこころより御礼を申し上げます。
皆様にご協力をいただきましたアンケートの集計結果を掲載させていただきます。
この結果をもとにして次回はより良い事業化交流マッチングが開催できるように努力していきたいと思います。